活力の宝庫、サントリーのマカを探る

活力の宝庫、サントリーのマカを探る

このサイトについて

画像
サントリーがつくったこだわりのマカを詳しく紹介します。

メインコンテンツ

サントリーのこだわりのマカ

画像
インカ帝国の時代から食用として栽培されているマカは、標高4000mのアンデス高地に生育するアブラナ科の根菜で、強い紫外線、酸性の土壌、昼夜の温度差といった過酷な自然環境で育つ植物です。このような自然環境に育つマカは、土壌からの養分の吸収力に優れ、乾燥した根は長期間の保存に耐えると言われており、その成分としては、ひとの体に欠くことのできない必須栄養素か多く含まれており、マカが活力の宝庫と言われるのはこのためです。
マカに含まれる栄養素として、炭水化物、たんぱく質、繊維、脂質がバランスよく含まれており、さらに、必須アミノ酸、鉄分、亜鉛、カルシウムなどのミネラル、リノール酸、パルミチン酸、オレイン酸、ビタミンB群、グルコシノレートが豊富に含まれています。このため、マカを一度栽培した土地は数年間不毛となると言われるほどです。
サントリーでは、開発担当者が自らペルーのアンデス地方まで出向き、現地の生産体制を確認するとともに、原材料の収穫から、加工、保存、輸送に至るすべての工程において厳しい検査基準の元に品質管理を行った原材料を国内製造工程で加工し、何重もの厳しい検査項目をクリアした者のみが製品として出荷されます。

その他のコンテンツ

関連情報

RECOMMEND!